美容整形クリニックで輪郭を変更して気分が明るく変化しました

彼氏ができないのは輪郭のせい

人間はだれしもコンプレックスを持っているといいますが、私のコンプレックスは生まれつきの顔になります。
私の母親は私とあまり顔が似ていませんでしたが、輪郭は私よりもきれいでした。
また、妹も母親に似ていて輪郭は良い方だったと思います。
それにもかかわらずなぜか私だけはあまり輪郭がすぐれておらず、それが思春期からの悩みの種でした。
毎朝鏡を見るたびに、自分の顔が映し出されてその顔を見るとどこか憂うつな気分になってしまいます。
特にそれを強く感じたのは、好きな人に振られてからです。
私の好きな人は、同じ学生時代に同じクラスの人でした。
思い切って告白をしてみると、その相手は別に付き合っている人がいるといわれたのです。
付き合っている人は別のクラスの人でしたが、私より輪郭が優れており比較をした時にどうしても見劣りをしてしまいネガティブな気分に浸ってしまったのです。
それ以降自分の顔を見るのが非常に嫌で、私が好きな人と付き合うことができないのは顔のせいだとばかり考えていました。
もちろん、今になって思えばそればかりが原因ではないと考えていますが、やはり輪郭が良くない私自身の顔は、マイナス評価されていると考えるようになったのです。
大学を卒業するころに私は、美容整形に行こうとしました。

彼氏ができないのは輪郭のせいパソコンで整形した後のイメージ画像自信が持てたら肉食女子になった

美容整形 輪郭 : 美容整形